MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

暦の雑学事典5章 季語と年中行事の雑学 > 長月

星月夜
【ほしづきよ】

 天の川、流星などとともに秋の季語。空気の澄みわたる秋は、満天の星空がとくに美しい。天武天皇の代の六七五年に、日本初の占星台(天文台)が建設された。『日本書紀』によれば天武一三年(六八四年)一一月はやたらと流星が多く、「天文悉くに乱れて、星隕つること雨の如し」とある。前月に未曾有の大地震があったため、天文異変に過敏になっていたのかもしれない。彗星も出現し、「昴星と双びて行く」とある。昴星とは、すばる(おうし座にあるプレアデス星団)のこと。すばるは外来語ではなく、いくつもの星を「統べる(まとめる)」という意味の日本語である




日本実業出版社 (著:吉岡 安之)
「暦の雑学事典」
JLogosID : 5040165


◆「星月夜」がよく分かる関連まとめ


【辞典内Top3】 早生・中稲・晩稲  蝉時雨  臘月  
【関連コンテンツ】

関連辞書

日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 雑学大全 雑学大全2 

関連書籍

 日本実業出版社「暦の雑学事典」

出版社:日本実業出版社[link]
編集:吉岡 安之
価格:1,404
収録数:198
サイズ:18x13x1.8cm(-)
発売日:1999年12月
ISBN:978-4534030214

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト