MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

東京五つ星の魚料理コラム > 『古事記』の魚たち

マダイ

日本最古の歴史書『古事記』の火遠理命(山幸彦)の章に、山幸彦が兄の火照命(海幸彦)から借りた鉤(釣針)を魚にとられ、その鉤を探しに海神の宮を訪れ、3年後に“赤海鯽魚”の喉に鉤が刺さっているのが発見された話が出ている。この魚が“たひ”(マダイである

日本人とのかかわりの長い魚であるが、その見栄えする姿形が好まれるようになるのは鎌倉時代からといわれている。台頭してきた武士階級に好まれたのだが、それまでのアユやコイに代わってマダイが「魚の王」になるのは江戸時代に入ってからのことである。元禄年間(1688~1704)に来日したエンゲルベルト・ケンペルも『日本誌』のなかで、「鯛(マダイ)は、福の神恵比須に付き物であるために、なかば迷信的に祝い魚にされており、またその游いでいる姿が美しく堂々としているので、日本では魚の王者とされている。」と記している。

“たひ”の語源については、「たいらうお(平魚)」からともされるが、朝鮮語トミからという説が有力である。新井白石も、「タヒとよびし事は 三韓の方言によりしと見えたり ?今も朝鮮の俗 此魚を呼びてトミといひ 道味魚の字を用ゆ 其トミといふは 彼國のいにしへタヒといひし語の轉ぜし也」と論じている。




東京書籍 (著:岸 朝子/選)
「東京五つ星の魚料理」
JLogosID : 14071088

【お隣キーワード】アユ  スズキ  命を支える魚介類の栄養価値  夏の楽しみ、アユとハモ  
【辞典内Top3】 すし 天ぷら あき  銀座 江島(閉店)  大分郷土料理 とど  


関連辞書

東京五つ星の鰻と天麩羅 東京五つ星の肉料理 東京五つ星の中国料理 東京-五つ星の蕎麦 全国五つ星の手土産 

関連書籍

 東京書籍「東京五つ星の魚料理」

出版社:東京書籍[link]
編集:岸 朝子/選
価格:1,728
収録数:
サイズ:20 x 12.2 x 2cm()
発売日:2008-12-01
ISBN:978-4-487-80247-0

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト