MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

東京五つ星の魚料理すし > 豊島区

寿司 ?はし
【すし たかはし】

「店主のすし」に惹かれて客は集う

本郷通りを折れてわずかの路地に面する店は瀟洒な割烹料理店のようで、初めての客にはちょっと入りづらそう。聞けば当主の髙橋慎一さんが、デザイナーに「通りすがりひょいと入れるような店じゃなく、入りづらい店を造ってくれ」と注文したのだという。それというのも、髙橋さんには「自分一人でまかなえる店で、自分のすしを喜んでくれる客だけを相手にしたい」との思いがあるからだ。

「三十余年のすし屋人生のうち、今は昔の丁稚時代に習ったことのおさらい中」と語る当主の作るすしはやさしい。

「すしダネとして使ったのは恐らく自分が初めて」という金目鯛の昆布〆など、にぎりはタネを生かして淡泊で品がよく、ちらしは具とすし飯が引き立てあって舌に印象を刻む。「すしを握りつついなりも握るのは、都内で私ぐらい」と笑う逸品のいなり寿司も、ぜひ食べて帰りたい。




東京書籍 (著:岸 朝子/選)
「東京五つ星の魚料理」
JLogosID : 14071074

【お隣キーワード】旬菜 味うら  駒込 鮨金(閉店)  鮨勝  高勢  
【辞典内Top3】 みぢゃげど  分とく山  第二力酒蔵  


関連辞書

東京五つ星の鰻と天麩羅 東京五つ星の肉料理 東京五つ星の中国料理 東京-五つ星の蕎麦 全国五つ星の手土産 

関連書籍

 東京書籍「東京五つ星の魚料理」

出版社:東京書籍[link]
編集:岸 朝子/選
価格:1,728
収録数:
サイズ:20 x 12.2 x 2cm()
発売日:2008-12-01
ISBN:978-4-487-80247-0

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト