MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

東京五つ星の魚料理すし > 千代田区

金多樓寿司
【きんたろうずし】

下町っ子気質を握った江戸前すし

これといって目立つ建物もなければ、人通りもさして多くないこの町の一角に半世紀以上、淡路町で創業した昭和4年(1929)から数えれば、およそ80年間「金多樓」の看板を掲げてきた。店はいかにも古くからの町のすし屋らしく、三代目当主の藤田武さんと奥さんの悦子さん、それに主人の両親と、家族4人だけで切り盛りする。

食べ終えた客が「ああ、疲れが抜けた――」と思わず漏らす、そんなすしを握りたいと主人はいう。ブランドには特にこだわらず、その時季一番いいタネをと心がける。上掲のにぎりは出水の墨イカ、天草の小肌、青森のヒラメ、気仙沼のカツオ。戸井の中トロ、大間のトロはいずれも黒鮪。よいタネのために築地通いを怠らず、たとえばカツオは藁の火で炙るなど、できることにはベストを尽くす。金多樓のすしには、下町っ子の意気地のサビも利いている。




東京書籍 (著:岸 朝子/選)
「東京五つ星の魚料理」
JLogosID : 14071028

【お隣キーワード】九段下 寿司政  越後料理 まつ井  いせ源  神田 笹鮨  
【辞典内Top3】 みぢゃげど  アユ  駒込 鮨金(閉店)  


関連辞書

東京五つ星の鰻と天麩羅 東京五つ星の肉料理 東京五つ星の中国料理 東京-五つ星の蕎麦 全国五つ星の手土産 

関連書籍

 東京書籍「東京五つ星の魚料理」

出版社:東京書籍[link]
編集:岸 朝子/選
価格:1,728
収録数:
サイズ:20 x 12.2 x 2cm()
発売日:2008-12-01
ISBN:978-4-487-80247-0

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト