MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

東京五つ星の魚料理日本料理 > 中央区

懐食 みちば
【かいしょく みちば】

好みとお腹具合に応じてくれる店

「懐石の心持ちと母の懐の温かさ。二つともに兼ね備えた料理を心安く気軽に」との思いを込めて、料理人・道場六三郎さんが店名に〈懐食〉の言葉を冠したという。

医食同源」「五味五法」を取り入れコースを中心に、各種の膳やアラカルトなど料理はどれも、名前や土地柄からは思いがけないほどのお手ごろ値段。でも写真からも伝わるとおり、素材選び・手のかけ方に、誇り高き料理人の厳しい目と確かな技が光っている。

ホールゆったり仕切りのない造り。カウンター席からは、広いオープンキッチンで働く料理人たちの仕事ぶりを見て取れる。「家に帰った気分でわがまま気ままをいえるように」と、コースは気楽なプリフィクス。幼児OKの個室もあるし、夜景を楽しめる席もある。これって、何世代もが同居する「銀座のわが家」といえないだろうか。




東京書籍 (著:岸 朝子/選)
「東京五つ星の魚料理」
JLogosID : 14071002

【お隣キーワード】鮨 青木  いわしや(閉店)  馳走 啐啄  三亀  
【辞典内Top3】 ひがし北畔  茶懐石料理 和幸(閉店)  向島 はしもと  


JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト