MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

東京五つ星の魚料理すし > 中央区

鮨 青木
【すし あおき】

すしは日本料理、季節感が大事

店は昭和47年、二代目現当主・青木利勝さんの父・義さんが、修業先の江戸前ずしの名門・銀座奈可田から暖簾分けで京都木屋町に開業したのが始まり。のち東京麹町に移り、現在の店は平成4年にオープンした。

魚介は築地を中心に、扱うタネによって九州ほか日本の各産地から仕入れる。「すしは日本料理だから季節感を出したい」と考える主人は、季節の魚、特に定番ものは、できるだけそのとき一番いいものを使いたいという。心配りのきいたタネが並ぶにぎりもちらしも、大きな体に元気あふれる気さくな主人にふさわしく、色はとんがらずやさしげで、味はふっくら胸にしみて温かい

店内は14席の白木一枚板のカウンターをメインに、飾り気のない簡素で清潔な造り。心込めたすしの姿も色もいっそう映えて、味わいは一段と増そうというもの。




東京書籍 (著:岸 朝子/選)
「東京五つ星の魚料理」
JLogosID : 14071003

【お隣キーワード】いわしや(閉店)  金田中 庵  懐食 みちば  馳走 啐啄  
【辞典内Top3】 すし 天ぷら あき  銀座 江島(閉店)  大分郷土料理 とど  


関連辞書

東京五つ星の鰻と天麩羅 東京五つ星の肉料理 東京五つ星の中国料理 東京-五つ星の蕎麦 全国五つ星の手土産 

関連書籍

 東京書籍「東京五つ星の魚料理」

出版社:東京書籍[link]
編集:岸 朝子/選
価格:1,728
収録数:
サイズ:20 x 12.2 x 2cm()
発売日:2008-12-01
ISBN:978-4-487-80247-0

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト