MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼ヒラ、マルそれぞれの傑作料理

その日は波切の漁師から、ソウダガツオ料理をふるまわれた。一つは名物料理のてこねずし。ヒラ造りに切ったヒラソウダの身を醤油とみりんの漬け汁に数時間。これとすし飯を手で混ぜ合わせ(手でこねるから「てこねずし」)、青ジソの葉、根ショウガと酢ショウガのせん切り、もみ海苔を散らす。ヒラソウダのもっちりとした食感とすし飯の相性がよい。「カツオで作るのが知られているが、ここらではヒラでもマルでもよく作る」ということだった。
もう一つはマルソウダのカツオ茶漬け。血合いを取り除き、薄切りにしたマルソウダの身を熱いご飯にのせる。ワサビを添えてたまり醤油をかけ、その上から熱いお茶をそそぐ。ソウダガツオカツオよりも味が淡泊。だから茶漬け向きだ。さんざん飲んで食べて満腹だったのに、これは別腹だった。幸せを感じつつ、ぺろりと丼をたいらげた。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070543


【辞典内Top3】 サクラエビ  ▼周防灘産は一目で見分けられる  ▼壱岐の郷土料理「イカよごし」のおおらかな味わい  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト