MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼波切の大敷網でソウダガツオの大漁

三重県大王町波切(なきり)の沖は、かつて『波切大王なけりゃよい』とまで船乗りたちに恐れられた難所。その荒い外海でもまれて育つから、ここの魚は身がしまってうまいとされる。その波切の大敷網(大型定置網)で、ソウダガツオの大漁に出会ったことがある。早朝5時に大敷網の漁船に乗った。15分ほど走って漁場に到着すると、乗組員たちはムダのない動きで、二つの漁船を寄せて網をせばめていく。網の中に魚が見えはじめると、全員が「セーチェー」と威勢のよいかけ声をあげて網を上げる。「大漁だぞ!」という大きな声が飛んだ。網の中でアオリイカが悠々と泳ぎ、マアジが銀鱗を光らせる。そのなかに見なれたマルソウダとヒラソウダがたくさん混ざっていた。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070542


【辞典内Top3】 ▼強烈なヌメリを取り除く効果絶大な方法  ▼船上はハタハタの精液でまっ白  ソイ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト