MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼漁師ご用達、肝の刺身

サメの食べ方にはことのほかうるさいぼくも、さすがにびっくりしたサメ料理がある。宮崎県日向市の美々津港に近い漁師民宿で、ご馳走になったサメの肝の刺身だ。宿の主でもある漁師と気分よく杯を傾けていると、台所へ立った彼がなにやらを盛った皿を自分用の肴として持ってきた。これがきれいな肌色のサメの肝だった。
うまそうなので、ぼくも酢味噌をたれに口に放りこんだ。とたんにむせ返るほど濃厚な味覚が口いっぱいに広がってきた。牛のレバー刺しなんか問題にならないほど、艶めかしいまでの美味。ぼくが遠慮なくパクパク食べるので、漁師があわてて「脂がきついからあまり食べないほうがいいよ」といい出したのがやけにおかしかったなあ。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070536


【辞典内Top3】 ▼強烈なヌメリを取り除く効果絶大な方法  ▼船上はハタハタの精液でまっ白  ソイ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト