MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼豪快! 漁師流サメの湯引きの作り方

漁師流のサメの湯引き方は、何度も見ても豪快この上ない。大きな金属製のたらいにたっぷりの湯を沸かす。これに丸ごとのサメを入れ、取り出してからタワシでざらざらの外皮をこする。こうすると皮の外側だけが取れ、残った皮の部分がコリコリしてうまいのだ。水洗いしてから頭とハラワタを取り除き、3枚におろしてさらに背と腹とに分ける。一口大にそぎ切りにして、塩水にわずかな時間漬ける。もう一度さっと湯に通して氷水で締める。これを辛子酢味噌味わう。中骨を除かずに2枚におろして、中骨のコリコリ感を楽しむ人もいる。いずれにしてもしっかりした歯ざわりが楽しめ、清楚淡泊なおいしさはどの魚にも負けない。ところがスピルバーグ監督の映画『ジョーズ』で残忍な人食いザメを見てからは、サメに食欲が湧かないというわが友人がいる。名監督も罪なことをしたもんですな。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070535


【辞典内Top3】 ▼強烈なヌメリを取り除く効果絶大な方法  ▼船上はハタハタの精液でまっ白  ソイ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト