MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼マグロ船の漁師はマグロ茶漬けが大好物

気仙沼市でマグロ延縄漁の元漁労長に取材したことがある。マグロ船に乗り組むと、毎日三度の食事の二度はマグロがおかずだったそうだ
「マグロ船の乗組員はマグロをよく刺身で食べるそれに飽きるとマグロ茶漬けにしたり、マヨネーズと醤油を混ぜ合わせて、マグロを和えて食べたりもした」。乗組員食べるマグロはサメに一部を食われて商品にならないものだが、味に変わりはない。大トロも食べ放題。さぞやマグロの味にうるさくなるにちがいない。
そのうるさ方に漁師流マグロ茶漬けの作り方を教わった。まず刺身状に切ったマグロの身を醤油と酒のタレに、およそ2、3時間漬け込んでおく。温かいご飯をどんぶりに盛って、マグロをのせてワサビを添える。熱いお茶をかけて、ふたをして2、3分ほど待ってから、かっこむようにして食べる。早く大量に食べられるスタミナもつく。なによりうまい。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070494


【辞典内Top3】 サクラエビ  ▼周防灘産は一目で見分けられる  ▼壱岐の郷土料理「イカよごし」のおおらかな味わい  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト