MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼アオムロをくさやの極上とする

ムロアジの仲間を語るときに、伊豆諸島名産のくさや見落とすわけにはいかない。くさやのうまさについては、今さらいうまでもない。嫌いな人には猛烈な異臭がガマンならないだろうが、好きな人にとっては天下御免のご馳走である。便利至上主義のつまらない世の中で、江戸時代のままの手法を頑なに受け継いでいるくさや作りにも好感が持てる。何百年前の人と同じ加工品を食べている。この気分は悪くない。
くさやはアオムロを最上とする。スマートスタイルのアオムロは銀色がかっているため、シロムロとも呼ばれ、別名がクサヤムロ。伊豆七島の近海に多く生息し、くさやのために生まれてきた魚といえよう。ちなみにくさやにはアオムロだけでなく、ムロアジ、オアムロカ、トビウオ、アジ、サバ、タカベイサキ、サメなどがあり、それぞれ味のくせ者ぶりを楽しめる




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070479


【辞典内Top3】 ▼強烈なヌメリを取り除く効果絶大な方法  ▼船上はハタハタの精液でまっ白  ソイ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト