MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼船上はハタハタの精液でまっ白

秋田県沖のハタハタは、12月の、海が荒れて海水が上下に激しく混ざり合い、水温が12度以下になった頃に沿岸へ押し寄せてくる。海藻に卵を生みつけるためで、その昔はオスの精液で海の表面が真っ白になり、これをクキシロと呼んでいた。そんな話を老漁師に聞いたときはマユにツバを付けたものだ。ところが八森町(はちもりまち)(秋田県)の岩館漁港で定置網漁の水揚げを見学して、それがおおげさでないことを知った。ハタハタを大量に積んで帰港した船の上一面が、ハタハタの精液で真っ白になっているのを目撃したからである
その岩館港では今なお木造船をハタハタ漁に用いている。船頭の指示にしたがい、両舷に8人が陣取って、沖の定置網まで勇ましく櫓を漕いでいく。機械船だとスクリューで網を破ってしまうこともあり、それで昔通りの手漕ぎ船を使っているのだという。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070284


【辞典内Top3】 ▼強烈なヌメリを取り除く効果絶大な方法  ▼船上はハタハタの精液でまっ白  ソイ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト