MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼日間賀島のミルクイガイは4月から6月が食べ頃

ミルクイガイの水管はこれまで何度か食べたけれど、ハラの部分は初めてそっと舌にのせると、とろけてしまいそうな食感と濃厚だが澄んだ旨味が口の中にじゅわーっとあふれた。カキの卵巣に匹敵するうまさである。水管はシャリシャリとした食感が実に楽しい。香りも味もシロミルよりもずっと上品である
日間賀島のミルクイガイ漁は、4月1日が解禁で12月まで行われる。旬は4月から6月。この時期は外敵が少ないため漁獲量が多く、味も特別によい。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070475


【辞典内Top3】 ▼強烈なヌメリを取り除く効果絶大な方法  ▼船上はハタハタの精液でまっ白  ソイ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト