MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼カニ鍋の元祖? 漁師流甲羅鍋

都会のカニ屋でカニすきを注文すると、いかにポン酢がうまいかを自慢されることがある。カニに自信がないからだろう。岩美町のカニすきは大違い。「汁はセコとコンブとかつお節でダシを取り、タレをつけたらカニの味がなくなるので、そのまま食べます」。セコとはメスガニのことだ。
漁師流のカニ鍋も特筆に価する。「わたしらがカニ鍋といえば、七輪の上に大きなカニの甲羅をのせて酒を入れ、しょう油や味噌で味つけして、その中にカニの足をちぎって入れるものだ」。この豪快さがたまらない。
ここの焼きガニも一度食べるとまず忘れられない。七輪の上に生のズワイガニの足をのせて焼き、焼きすぎないうちにほおばる。カニに含まれている塩味だけで、タレなしで味わう。「カニみそ」も漁師の大好物である。数杯分のカニみそを集め、甲羅に入れて七輪にかける。ぐつぐつと煮ながら、これを肴に杯を傾けていると、いつまでも酒が止まらないので困る。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070272


【辞典内Top3】 ▼強烈なヌメリを取り除く効果絶大な方法  ▼船上はハタハタの精液でまっ白  ソイ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト