MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼ていねいこの上ない宅配方法

清水漁協活魚事業部は清水サバの活魚の販売及び生き締めの宅配を引き受けている。清水サバをよく知る料理店などからは、水槽に一昼夜、あるいは1週間生かしたサバをと細かい注文がはいるそうだ。活魚槽に生かしておくと、胃の中のものが消化されて、それだけ臭みがなくなり、また身がしまるからだ。活魚の出荷は活魚車で運ぶ。
生き締めした清水サバの宅配の方法も手が込んでいる。活魚槽から取りだし、包丁で延髄を切る。バケツの中の冷海水に30分ほど漬けて、血抜きをすると同時に魚の体温を冷やす。血がにじみでる首に吸い取り紙を巻いてから、ビニール袋に入れる。そうしてからこれを氷をいっぱいに詰め込んだ発泡スチロールの箱におさめて発送するのだ。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070257


【辞典内Top3】 サクラエビ  ▼周防灘産は一目で見分けられる  ▼壱岐の郷土料理「イカよごし」のおおらかな味わい  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト