MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼煮たり焼いたりしたらもったいないじゃけん

清水サバは立縄漁という釣りで漁獲される。「ウキ」と呼んでいる小さなバケツほどの大きさの発泡スチロールに15~20メートルの道糸をつなぐ。その途中にナス型の中オモリを結び、幹糸に20本前後の枝糸と針を結ぶ。エサは短冊切りのサバや一尾のままのマイワシ。先端のオモリには太さ1センチ、長さ2メートル前後の太い針金を代用する。この仕掛けをいくつも流して、魚がかかるのをウキの動きで見て取り込む
立縄漁の出港は午前0時。1時間ほど沖合に走り、各漁師が思い思いの漁場を確保して、しばらく時間待ちをする。午前3時ぴったりに全員同時に漁を開始する。釣り上げたゴマサバは温度調節可能な生簀に放りこみ、午前9~10時に帰港するとただちに漁港に設置されている活魚槽へ移して生かしておく。
そう、清水サバは活魚として、あるいは生き締めにして運ばれ、刺身で食べられる高級魚なのである。とれたてを煮たり、焼いたりしたらもったいないじゃけんということだ。「ここらでは刺身はゴマサバにかぎり、マサバは刺身にしてはいかんといわれている」という人もいるのである。土地が変われば料理法も変わり、実に興味深い。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070256


【辞典内Top3】 ▼強烈なヌメリを取り除く効果絶大な方法  ▼船上はハタハタの精液でまっ白  ソイ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト