MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼3回漁場を変えて貝に活力を付ける

唐桑町でカキ養殖業を営む畠山政則さんの水揚船に乗り、船上でカキを試食させてもらったことがある。そのうまいこと。海の栄養すべてを凝縮したような濃厚な味覚と軽い塩味を残して、ぷりっと太った身が胃袋に滑り込んでいった。「うちのカキは白い部分が大きいのが特色です。そうしたカキが育つのは、ある程度波の荒い海と山から流れてくる養分豊富な水という二つの条件がそろっているからだと思います。それに水揚げまでの1年半のあいだに、3回も筏を移動させ、成長に適した漁場で育てて活力を付けているからでもあるんです」と畠山さん。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070249


【辞典内Top3】 サクラエビ  ▼周防灘産は一目で見分けられる  ▼壱岐の郷土料理「イカよごし」のおおらかな味わい  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト