MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼房総半島の漁師料理「さんが」の作り方

房総半島には漁師料理として広く知られる、なめろう、水なます、さんががあり、これらはマアジで作ることが多い。マアジを三枚におろして皮をむき、さいの目に切った身に味噌、アサツキ、根ショウガ、青ジソの葉を混ぜ合わせながらたたく。これがなめろう。皿までなめるほどおいしいから、この名前で呼ばれるとか。味噌がはいっているから、たれなしで食べる。そのなめろうを氷水を張ったどんぶりに入れて、箸でかきまわしたものが水なます。暑い日の船上で食べる水なますほどうまいものはなく、漁師の大好物である。なめろうにつなぎの卵と小麦粉を加えて焼いたのがさんが。ハンバーグ状にまとめて、青ジソの葉を両面に1枚ずつ張り合わせサラダ油をごく少量引いたフライパンで両面を焼く。いずれのマアジ料理も手際よく作るのがコツである
マアジは年間を通して漁獲され、年間を通して文句ない味だが、梅雨の時期から夏にかけてはとくにうまみを増してくる。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070151


【辞典内Top3】 ▼強烈なヌメリを取り除く効果絶大な方法  ▼船上はハタハタの精液でまっ白  ソイ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト