MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼焼きガキなどカキ産地の伝統料理

「カキむき小屋ではこれをよく食べます」といって、畠山さんが焼きガキを作ってくれた。といってもストーブの上に殻ごとのカキをのせるだけ。やがてジュウジュウと音をたてながらカキの汁が沸騰すると、ヤットコで上の殻を取りはずす。身をつまんで、フーフーいって口に放り込む。海水のほどよい塩味が絶妙な調味料になって、軽いながらも深みのある味に仕上がっている。またたくまに数個が胃袋の中に消えていった。
次はカキの上の殻を取り除いて、味噌をのせて焼く。味噌とカキの相性がまことによろしい。さらにカキ鍋と、カキむき小屋の晩餐は続いた。「ここらのカキ鍋は、カキ以外のダシは一切とりません」と畠山さん。その鍋をのぞくと大きなカキがどっさり。これならほかのダシは必要ない。具はほかに白菜と豆腐、シメジだけ。味つけは塩だけなのに、海の幸と里の幸の渾然一体となったその汁の味には、感心するばかりだった。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070250


【辞典内Top3】 サクラエビ  ▼周防灘産は一目で見分けられる  ▼壱岐の郷土料理「イカよごし」のおおらかな味わい  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト