MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼メヒカリといえば小名浜産

私は小名浜でメヒカリ初めて知った。そのため北方系の魚だとずっと思っていた。ところが福島県の沖がメヒカリの北限で、むしろ南方系の魚だとあとでわかった。私のメヒカリの先生は、小名浜港前で丸克商店という魚店を経営し、仲買人でもある三浦清さん。
「以前のメヒカリはさつま揚げの原料しか使いようがなかった。それがテレビや雑誌で紹介されてからは、この小魚を食べにわざわざ小名浜に足を運ぶ人もいるほどの人気ですよ」。
小名浜のメヒカリは底曳網で漁獲される。といってもメヒカリ目当てで出船するわけでなく、当地の名産であるアンコウやヤナギガレイなど高価な魚が本来の狙いであるところが最近異変が起きていて、「以前はメヒカリが網にはいると渋い表情だった底曳き漁師が、今ではわざわざメヒカリの漁場に出かけている」と聞いたことがある。小名浜のメヒカリは7月と8月の底曳き網の禁漁期間を除いて年間水揚げされるが、秋から春にかけて脂ののりがよく美味である




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070220


【辞典内Top3】 サクラエビ  ▼周防灘産は一目で見分けられる  ▼壱岐の郷土料理「イカよごし」のおおらかな味わい  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト