MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼ジャンプの名人とおいしさの関係

ホタテガイの語源は、この貝が深いほうの殻を舟にして、平らなほうの殻を帆にして海面を走ると昔の人が信じていたためであるだから漢字で帆立貝と書く。ただし実際の移動方法はこれとは異なる。貝柱を使って殻を閉じるとき、殻の耳にある噴射口から海水を勢いよく吐き出し、その反動で前へ跳ぶのだ。一度の噴射で1~2メートルジャンプし、一晩に500メートルも移動することがあるといわれる。ホタテガイ見た目よりも活動家なのだ。
ジャンプ好きの貝は、跳躍することで貝柱を鍛え、より強靱に、より大きく成長させていった。その恩恵に浴して、人間は至福の味をたっぷり楽しむことができる。そう、われわれがいつもほおばっているのは、たいがいはホタテガイの貝柱の部分である




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070205


【辞典内Top3】 ▼強烈なヌメリを取り除く効果絶大な方法  ▼船上はハタハタの精液でまっ白  ソイ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト