MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼きびしい条件が美味なホタテガイを育む

養殖ものでも、育った海によって風味や歯ごたえに違いがある。たとえば北海道瀬棚町の養殖ホタテガイ。「瀬棚の海がおだやかならば、全国どこの海もおだやか」といわれるほどの荒海で知られ、加えて沖を流れる奥尻海峡の潮流が速い。そんな厳しい条件を味方につけて、評判の高いホタテガイを育てているのが斉藤漁業の斉藤誠さんだ。
「籠の中とはいえ、荒れる海と速い潮にもまれて育つから運動量が多く、それだけ身が締まっている。ここのホタテガイに肥満児はいないよ」。
利別川の働きも見逃せない。清流日本一になったこともある川が、ルコツ岳などの雪解け水を集め、豊富なプランクトンとともに瀬棚の海へ注ぐ。この栄養がホタテガイの成長を早めるだけでなく、おいしくも育てるのだ。
斉藤さんは養殖方法にも創意工夫重ねてきた。通常は籠1個の中に12~15枚の稚貝を入れ、その籠を20段前後重ねて、いかだから海中につり下げる。斉藤漁業では1籠の稚貝を7枚に制限して、籠の数も15段と少なくしている。密集を避けることで環境を向上させ、活力のあるホタテガイ育てるためという。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070207


【辞典内Top3】 ▼強烈なヌメリを取り除く効果絶大な方法  ▼船上はハタハタの精液でまっ白  ソイ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト