MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼ホタテガイ料理は刺身と殻焼きに尽きる

ホタテガイ料理は刺身、殻焼き、かき揚げ、バター炒め、下北半島に伝わる郷土料理の味噌貝焼き(地元では「みそかやき」と呼ぶ)など数多い。斉藤さんのおすすめは刺身と殻焼き。うまいホタテガイはあまり手を加えないのがよいのだという。刺身は繊維にそって縦に包丁を入れる。こう切ることで、ホタテ特有の歯ごたえをより楽しもうというのだ。殻焼きは殻ごと火にかけ、殻が開いたところで上の殻を取り外し、酒と醤油を注ぐだけ。これをふうふう冷ましながら味わっていると、体だけでなく心の芯まであたたまってくる。
産地では貝柱だけでなく、ヒモ(外套膜)や卵巣も食用にする。ヒモはぬめりをよく取り除いてから、刺身やバター炒めに。卵巣は刺身のほか塩辛にする。ねっとりとした舌ざわりと艶めかしいコクを持つこの塩辛で、杯を傾けるのが私のお気に入りだ。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070208


【辞典内Top3】 サクラエビ  ▼周防灘産は一目で見分けられる  ▼壱岐の郷土料理「イカよごし」のおおらかな味わい  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト