MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼漁師の手をかじるからテックイの名もある

一見するとおとなしそうだが、じつはいたって獰猛な魚といってよい。砂地に身を隠して近寄ってきたカタクチイワシをひと呑みにする。これをヒラメの「居食い」という。下北半島(青森県)や北海道ヒラメテックイと呼ぶのは、釣り上げられたヒラメがよく漁師の手をかじることによる。荒々しいだけでなく細心でもある。釣人たちのあいだで言い古された教訓「ヒラメ40」は、最初の小さなアタリがあってから、40かぞえてから合わせろという意味である。エサをくわえても一気に呑み込まず、じっと様子をうかがっている疑い深い魚なのだ。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070200


【辞典内Top3】 ▼ゾウリエビとウチワエビの見分け方  マダイ  ▼タコを食べる国は日本やイタリアなど少数派  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト