MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼浜のサケ料理の傑作「頭の煮つけ」と「三平汁」

オホーツク海に面する常呂町(ところちょう)(北海道)は、ホタテガイの産地として有名だが、サケの定置網漁も盛んな土地である。ここにはサケ料理の傑作が多く、訪れるたびに新しい発見がある。食べることに関する人間の知恵の深さにおそれいるのがサケの頭の煮つけ。生のサケの頭を縦半分に切り、エラを取り除いて水から煮る。煮えたところで、いったん湯から出して頭についているぬめりを取る。それから数時間とろ火でコトコトと煮る。味つけは醤油、みりん、ショウガだけ。骨がふわっとやわらかく、口に含むだけで愉快な気分になる。
サケを食べ尽くすという点では、三平汁に勝る料理をほかに知らない。ジャガイモ、玉ネギ、ニンジン、ハクサイ、ダイコンの野菜類に加えて、サケの身の部分だけでなく頭、スジコ、心臓、チュウ(胃袋)、白子、アラまでをも鍋で煮込む。味つけは味噌と酒粕だ。土地の漁師いわく「都会のやり方は知らないが、私らは頭や白子がはいらないと三平汁といわないよ」。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070176


【辞典内Top3】 ▼強烈なヌメリを取り除く効果絶大な方法  ▼船上はハタハタの精液でまっ白  ソイ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト