MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼ハモの湯引きをスダチ汁たっぷりの酢味噌だれで味わう

椿泊の漁師のおかみさんたちにハモ料理をご馳走になったことがある。ハモの照焼きはまず八割がた素焼きして、次にたれを塗りながら焼き上げる。ふわっとした歯当たりが心地よい。ハモの湯引きは湯がいてから氷水で冷やし、スダチ汁たっぷり酢味噌だれで味わう。淡く清楚な味わいに心ひかれた。いずれもみごとに骨切りされていた。ハモの中骨を利用した味噌汁の風味も忘れがたい。「コツは白子を入れること」とこっそり教えてくれたけど、ハモ過疎地域のわが東京では、ハモの白子なんてまず手に入るまい。
「ハモは梅雨の水を飲んでおいしくなる」といわれ、6~7月がもっとも美味である




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070138


【辞典内Top3】 サクラエビ  ▼周防灘産は一目で見分けられる  ▼壱岐の郷土料理「イカよごし」のおおらかな味わい  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト