MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼食卓でよく見かけるのはヤマトシジミ

シジミの名前は殻の表面に縮んだような模様があり、「チヂミ」から転じたと思われる。単にシジミといえば、ヤマトシジミ、マシジミ、セタシジミの3種類のうちのどれかを意味する。もっとも多く消費されるヤマトシジミは、海水がはいりこむ湖や潟(かた)に多い。マシジミは淡水の河川に生息する。セタシジミは琵琶湖から流れる瀬田川で多くとれる淡水性で、シジミのなかでももっとも味がよいとされる。ただし漁獲量が少ない。われわれにもっともなじみ深いヤマトシジミの産地としては、宍道(しんじ)湖(島根県)や十三(じゅうさん)湖(青森県)があり、いずれも「ここのシジミが一番」と自慢するのはもちろんである




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070107


【辞典内Top3】 サクラエビ  ▼周防灘産は一目で見分けられる  ▼壱岐の郷土料理「イカよごし」のおおらかな味わい  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト