MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼春の珍味「ノレソレ」はアナゴの稚魚

岩の穴に隠れているときもあってアナゴの名で呼ばれるようになったが、普段は砂の中に埋まっていることが多い。アナゴの生態はよく解明されていない。黒潮を南下して産卵することまではわかっているが、ふ化してからどこで成長するのかがまだ不明なのだ。仔魚はウナギと同様のレプトセファルス幼生。無色透明で柳の葉に似ている。
春になると10センチ前後に成長したアナゴの稚魚が、太平洋岸各地で漁獲され、高知県ではこれをノレソレと呼び、酒の肴として珍重する。姿のままを酢味噌で舌にのせると、ぬるっとした感触と海の香りを残してのどごしがいい。なお日本近海のアナゴの仲間には、マアナゴ、オキアナゴ、クロアナゴ、ギンアナゴの種類があり、われわれが単にアナゴというときはマアナゴを意味する。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070073


【辞典内Top3】 サクラエビ  ▼周防灘産は一目で見分けられる  ▼壱岐の郷土料理「イカよごし」のおおらかな味わい  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト