MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼小豆島の伝統漁法「たたき網」

メバル刺し網、延縄(はえなわ)、釣り、定置網で漁獲されることが多い。小豆島(香川県)西端の土庄(とのしょう)町にはそれとは異なり、たたき網という伝統漁法でメバルを狙っている漁師がいる。その岡本富和さんのメバル漁の漁船に乗せてもらったことがある。早朝4時に眠い目をこすりながら柳漁港へ向かうと、岡本さんと手伝いの蓮池さんの二人が、準備万端ととのえて待っていた。「たたき網は小潮と中潮の日の夜明け前2時間が勝負」と言いながら、岡本さんは急いでもやい綱を解いた。20分ほどで漁場に到着すると、岡本さんはエンジンを止めて櫓(ろ)を船に取り付け、体全体を使ってリズムよく漕ぎ出した。「この漁では静かに網を仕掛けることが必要です。それで親父の代から櫓を使っています」。
高さ3メートル、長さ120メートルの網の端を海へ投入し、櫓を漕いで船をぐるっと回し、上から見て英文字のCの形に網を仕掛ける。次にCの網の開口部に船を回すと、ロープを手元に結んだ長さ1メートル弱、直径約10センチ丸太ん棒(たたき棒と呼ぶ)を、蓮池さんがまるでやり投げ選手のように海面に向かって何度も打ち込む。「たたき棒が海中で大きな音をたてると、驚いた魚が仕掛けた網の方向へ逃げて、三重の網にからまるんですよ。以前はここらの瀬戸内海ではよく見られましたが、いまはやる人が少なくなりましたよ」と櫓をにぎる岡本さん。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070061


【辞典内Top3】 ▼強烈なヌメリを取り除く効果絶大な方法  ▼船上はハタハタの精液でまっ白  ソイ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト