MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼赤・金・黒と、生息する場所によって体色が異なる

メバル大きな目が張り出していることからこの名がある。北海道中部以南から九州までの海域に分布し、藻場や沖合の岩場に多い。生息する場所によって体色が異なり、赤メバル、金メバル、黒メバルなどと呼び分けられる。これらは同一種とする説と、別種とする説の2説がある。近似種には、赤褐色に鮮明な黒い横じまのあるトゴットメバルと横じまの薄いウスメバルがある。北方系のメバルとしては、ヤナギノマイやハチメ、エゾメバル、アカガヤなどがある。一口にメバルといっても姿も異なるし、味にも差があるのだ。
なお、エゾメバルはガヤガヤとうるさいほど磯を泳ぎ回っていることから、北海道ではガヤとも呼ばれる。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070059


【辞典内Top3】 ▼強烈なヌメリを取り除く効果絶大な方法  ▼船上はハタハタの精液でまっ白  ソイ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト