MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼川が泥を運ぶからうまいアカガイが育つ

アカガイ北海道から九州までの沿岸に分布し、ことに内湾の水深10~30メートルの泥底に好んで生息する。数ある産地の中でも、閖上(ゆりあげ)(宮城県名取市)は味量ともに日本一といわれている。ここのアカガイ漁の船は約30隻。農具の鋤に似た「マンガン」を装着した網を曳きながら、船をゆっくりと走らせる桁曳(けたひきあみ)漁で漁獲する。
漁を終えた漁師に閖上産アカガイがなぜうまいかをたずると、「名取川、七北田川、北上川、広瀬川、阿武隈川の延長線上の仙台湾がアカガイの生息地。川が運んだ泥地に育つからうまいんだ」。輸入ものとくらべると、閖上産は磯の香りが強く、味も歯ごたえも格別なのだそうだ。なんでもここに来て食べた人は、アカガイとはこういう味だったのかとあらためて驚くとか。そう聞いては食べずにはいられない。閖上港前のすし屋でアカガイの刺身を注文すると、まさに漁師のいう通り。くりっとした歯応えと、なまめかしい味に仰天するばかりだった。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070004


【辞典内Top3】 ▼強烈なヌメリを取り除く効果絶大な方法  ▼船上はハタハタの精液でまっ白  ソイ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト