MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生物の不思議 > 動物

ワニ①
【わに】

あの恐ろしげなワニは、かなりの子煩悩

水辺にいる動物で怖いのは、やはりワニ。鋭い目と大きな口は、いかにも獰猛そうだところがこのワニ、いったん子持ちになると変身して、人間の親もかなわないほど子煩悩になるという。生まればかりのワニの赤ちゃんは、体長三〇センチほど。いくら「やがてはアマゾンの王者に育つ」とはいえ、これでは天敵も多い。それを成長するまで見守るのが母ワニの務めである見守るといっても、ただ危険から避けさせ甘やかすだけではいけない。一年もすれば子ワニは親離れしていかなければならない。そうなっても困らないよう、幼少時からのしつけが重要になるのだ。ワニの赤ちゃんにとって最優先事項は、水中で生きていけるよう体を慣らしておくことだ。陸上に上がることもあるワニだが、歩くのは苦手で泳ぐほうが移動は速くできる。母ワニは水中でも自在に移動できるよう泳ぎを教えなければならないである。その訓練に、母ワニは自分の体を使う。水中の浅瀬で尻尾をくるりと曲げて頭にくっつけるようにして輪をつくるのだ。その輪のなかにたまっている水中で、赤ちゃんワニの泳ぎの訓練をするのだ。泳ぎ疲れた赤ちゃんワニが水から出たがると、足を使って自分の体にはい上がらせてやったりもする。母ワニはたいへんなのだ。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820981

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  冷奴  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト