MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2 >

ローマ数字
【ろーますうじ】

「ゼロ」の概念がなかった古代ローマ人は、どうやって数をあわらしたのか?

数をあらわすのに、いろいろな文字や数字を使うが、今日、私たちが使っているアラビア数字「1、2、3、4、5、6、7、8、9」は、もともとインド生まれたものである。それがアラビアに伝わり、アラビアからヨーロッパに入ったので、アラビア文字と呼ばれたのだろう。ゼロ(0)を発明したのも、七世紀頃のインドである。最初は「・」などでゼロをあらわしていたが、やがて「・」が「0」と記され、1、2、3……などの数字と一緒に、九世紀、アラビアに伝わった。一方、古代ローマ人は、紀元前よりローマ数字を使っていた。私たちが現在もときどき使っているローマ数字は、十進法のなかに五進法の要素が混じっているのと、Ⅳ=四、 Ⅸ=九というように、減法が使われているのが特徴だ。しかし、ローマ数字には、ゼロを表現する方法がなかった。これは、ローマが西ローマ帝国として滅んだ紀元五世紀には、まだゼロという概念がなかったからである。では、彼らはどうやって、一〇や一〇〇などのゼロを表現していたのだろうか。彼らは、一〇は「X」、一〇〇は「C」、一〇〇〇は「M」というように文字を使い、さらに、五〇は「L」、五〇〇は「D」であらわしていた。ローマ数字は減法を用いている。九〇なら一〇〇から一〇少ないからXC、九〇〇ならば一〇〇〇から一〇〇少ないのでCMという具合だ。ちょっと複雑な数字はさらに表記がたいへんで、たとえば一九四六は、MCMXLⅥとなる。アラビア数字に慣れてしまった私たちにとっては、ややこしく、実に面倒くさい。「0」を探し出してくれたインド人に感謝である




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820970

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト