MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2趣味 > 芸術

レンブラント
【れんぶらんと】

豪華すぎる家のせいで破産宣告を受けた大画家!?

ルーベンス、ベラスケスと並ぶ一七世紀最大のオランダの画家、レンブラント。当時のオランダは画種ごとの専門化が進んでいたが、レンブラントは、神話などの物語に取材した物語画や肖像画、さらには風景や風俗的な主題までも広く取り上げて描いた。なかでも自画像は秀逸。自己の内面を見つめ続けた画家らしさを如実に物語っている。人間の心を探求し、理解しようと努めたレンブラントは、多くの著述家によって文豪のシェイクスピアと並び称されている。作品の質の高さはもちろんのこと、残した作品の数も約四〇〇点の油絵とエッチング、約一二〇〇点の素描と驚異的だ。質、量ともに他を圧倒している。レンブラントは、絵画を描くことにかけては天才だったが、金銭感覚はあまりなかったようだ。実はやたらとコレクションをしたがる性格で、彼のコレクションは、絵画から版画、壁掛け、真珠、宝石、武具、装飾品、中国の陶磁器ヴェネツィアガラス製品など多種多様で、これらを手当たり次第集めていた。しかも高価な邸宅までを購入した。そのせいで、絵画がよく売れたとはいえ、あまりに散財するものだから、家の借金の支払いが満足にできず、家を購入して一四年も経った後ですら七〇〇〇ギルダーも借金が残っているという有様で、五年以上も利息を支払えず、三年間も元の所有者に所有税を支払わせているという始末だった。結局、借金の返済がまったくできない状況に陥り、五二歳のときに破産宣告を受けたのであるコレクションは競売にかけられ、豪邸も売却したが、それでも借金の負債額にはおよばなかったというから、その浪費ぶりは想像を絶するものがある。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820968

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  冷奴  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト