MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2地理 > 場所

ロケット基地
【ろけっときち】

打ち上げは、「重力の少ない」フランス領ギアナから

欧州宇宙機関(ESA)は、ヨーロッパの一五カ国が参加する宇宙開発・研究機関である。本部はフランスにあり、フランス国立宇宙センターが中心となっている。しかし、彼らがロケット打ち上げるのは、ヨーロッパではなく、南米にあるフランス領ギアナのギアナ宇宙センターだ。なぜヨーロッパから何千キロも離れた地で打ち上げる必要があるのだろうか。理由の一つは重力である。実は、ロケット打ち上げる際に看過できないのが重力。単純に考えても、空に向かって発射されるということは、重力にさからった運動であることがわかる。そのため、できるだけ重力の少ないところから打ち上げたほうが、燃料が節約できるなど、効率がいいということになるのだ。地球上の重力は、遠心力により、北極と南極でいちばん大きくなり、赤道でいちばん小さくなる。つまり低緯度になればなるほど小さくなるということだ。ギアナ宇宙センターは、赤道の北約五〇〇キロ、北緯五度三分と低緯度に位置する。赤道から遠く離れたヨーロッパ各国にとっては、格好の打ち上げ場所なのである。ESA以外を見ても、アメリカ航空宇宙局(NASA)のケネディ宇宙センターはアメリカ最南端に位置する州の一つフロリダ州にあり、日本の宇宙航空研究開発機構 (JAXA)の発射場は種子島宇宙センターと、いずれも自国の領土内で、できるだけ低緯度に設けられていることがわかる。一九九七(平成九)年には、ロケットをより効率的に打ち上げるべく、アメリカやロシアの合弁企業であるシーローンチ社が、地球上で最も重力が少ない場所である赤道にロケット発射台を設置した。海底油田掘削用のプラットフォームを改造したもので、長さ約一三五メートル、幅約六八メートル。二〇〇三(平成一五)年には、実際にここから通信衛星打ち上げに成功したという。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820971

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト