MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2社会 > 企業

メルセデス
【めるせです】

その名は、オーストリア・ハンガリー帝国領事の令嬢から

メルセデス」といえば、誰もが「メルセデス・ベンツ」を思い浮かべるが、もともとは女性の名前で、スペイン語で「神のご加護」という意味の言葉である。なぜ女性の名前が車のブランド名になったのかといえば、それは、車が発明されて自動車産業が産声を上げた頃までさかのぼる。生まればかり自動車は、最高時速がまだ二〇キロだったため、性能を上げるために研究と開発が続けられていた。オーストリア・ハンガリー帝国領事のエミール・イエリネックは、発明されて開発がはじまったばかり自動車に魅了され、同時に開催されたレースにも積極的に参加していた。そのイエリネック新しいレーシングカーダイムラー社に依頼したときに、開発された車を三五台購入するのと引き換えに、ヨーロッパやアメリカでの販売権と新しいブランドネームの使用を提案したのである。その新しいブランドネームが、彼の娘の名前であり、自身がレースに出場するときに使っていた「メルセデス」だった。彼の主張は「好きになってもらい愛してもらうには、クルマは女性の名前でなければならない」というものだった。そのときに開発されたメルセデス35PSのおかげで、メルセデスの名は世界に広まり、やがてダイムラー社の自動車ブランドとなるのである。なお、一九二六年、ダイムラー・モトーレン社とベンツ&カンパニーは合併し、ダイムラー・ベンツ株式会社が誕生する。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820895

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト