MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生物の不思議 > 魚類

メダカ②
【めだか】

テロ対策に活躍が期待されているメダカ!?

メダカが生物兵器テロの脅威から私たちを守ってくれているという。何が起こるかわからない恐ろしい現代社会で、浄水場の安全確保のために考え出されたシステムである。浄水場に設置した水槽のメダカを二四時間監視し、そのメダカに何かしら異常が出た場合には、給水を自動停止するという水質監視システムで、二〇〇七(平成一九)年度から静岡県で稼働している。二〇〇一(平成一三)年九月のアメリカ同時テロ攻撃を受けて、厚生労働省が全国の水道施設に要請した危機管理対策の一つとしての試みである。国が指示を出したのは、全部で一六項目による措置。たとえば、テロリストを入国させないための対策強化、テロに使用される恐れのある物質の管理強化、テロリスト関する情報収集能力の強化などだ。このシステムは、さしずめ物質の管理強化に当てはまるといったところだろうか。メダカが約三分間ほど同じ範囲内を泳ぐ習性を持つことに着目し、浄水場と同じ水源の水を引いた二つの水槽にメダカを一匹ずつ泳がせたものを撮影するのだ。この映像をコンピュータが管理し、①行動範囲が狭まる、②呼吸系に支障が生じて水面直下で泳ぎ回る、②激しく動き回る、③半死状態で沈下、④動かなくなって死などの異常を三分以上感知すると警報が鳴る。ほかのもう一カ所の水槽でも同じ状況があれば、二度目の警報が鳴って給水を自動停止するしくみである。その後、通常ならば浄水場に入った水が塩素処理や濾過を終えてしまうまで約一五時間かかるのに対し、このシステムならば三時間以内には異常を見つけて対処するという。静岡県では、二〇〇五(平成一七)年から浜松市の県営遠州広域水道の都田浄水場で試行していた。実際にこのシステムが作動するときがあっては困るのだが、ともかく毒見役のメダカには頭が下がる




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820893

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  冷奴  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト