MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2自然 > 宇宙

無重力
【むじゅうりょく】

重力がない状態は存在しないから、正しくは「無重量」

宇宙船のなかでは、人は空中に浮かんでしまう。日本人宇宙飛行士とのテレビ中継などでよく見る光景だが、この「人が空中に浮かんだ状態」のことをよく「無重力状態」という。実は、この状態を「無重力」と表現するのは正しくない。「無重力」というのは「重力の影響を受けていない状態」をいうのであって、本当は宇宙船のなかといえども重力の影響は受けている。しかし、地球の引力と宇宙船が地球を周回することで得られる遠心力とが釣り合っているのであたかも重力がないような状態になる。この状態をいっぱんに「無重量状態」といっている。重力はあらゆる物体の質量に対して働く引力であるニュートンの構築した理論で、二つの質量間の力はそれらの質量の積を距離の平方で割ったものに比例するといわれている。このことからも物体に重力がかからなくなることはあり得ないのだ。宇宙空間では浮かんでしまっていることで、あくまで見かけ上は重量がないように見えるが、重力は受けている。最近になって用語の違いが気にかけられるようになり、「無重力状態」といわずに「無重量状態」というようになってきている。しかし、読むほうが「無重量状態」と書いてあっても、無意識に「むじゅうりょくじょうたい」と読んでしまうこともあるかもしれない。新聞や雑誌などでどう表記されているかよく確かめてみるのもおもしろいだろう




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820884

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  冷奴  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト