MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2趣味 > 書籍

紫式部
【むらさきしきぶ】

イヤな女はとことんけなす「目には目を」の徹底主義者!?

紫式部の生没年は不明であるが、推測できる生年から計算すると、結婚したのは二〇代後半であったらしい。娘賢子をもうけたが、夫が病死したため、父藤原為時の元で育てた。一説では、その頃に、これまでに見聞きしたことを題材にして書いた物語が『源氏物語』だという。最初の一巻が都の貴族たちの評判になり、藤原道長の娘である一条天皇の中宮彰子の女官に取り立てられたそうだ。その後も紫式部は、続きを次々と発表し、全部で五四巻の長い物語を、一〇〇八(寛弘五)年頃までに書き上げたといわれる。光源氏繰り広げる様々な女性との恋の遍歴を描いた『源氏物語』は、世界的に認められており、ユネスコ本部は、日本人でただ一人、紫式部を世界の偉人に選んでいる。平安中期の女流作家といえば、紫式部に並んで有名なのが、『枕草子』の作者、清少納言。同じ時代に活躍した女流作家だけに、紫式部清少納言の間には、それなりの親交があったかのように思い勝ちだが、実は親交どころか紫式部清少納言が嫌いで、かなり厳しい言葉を浴びせかけていたのだ。「紫式部日記」のなかでも、「(清少納言は)得意げな顔をした人で、頭がよさそうなふりをして漢字なんか書きまくっているが、よく見るとたりないところがたくさんある」というようなことを書いているのである。こうした記述には、客観的な根拠が乏しくて、紫式部ねちねちとした執念深さや嫉妬などがフツフツと感じられる紫式部は自分が描いた物語のなかに出てくる女性のように、気丈で涙もろく、細やかな愛情を持ち、柔和で温順でありたいと願い、事実、そのような一面もあったとされているが、同時に敵対する相手には異常なまでに罵詈雑言浴びせるという強烈な自我の持ち主でもあったようだ




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820885

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  冷奴  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト