MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生活 > 飲み物

ミルク
【みるく】

「ミルク」=「牛の乳」なのはどうして?

日本では「ミルク」といえば牛の乳、つまり牛乳をさす。もちろん世界でも牛乳は主流だ。飲料に向いた成分を含んで、しかも大量に生産できるのは牛の乳しかないからである要するに搾乳できる絶対量が多いのである。そもそも哺乳類の乳は、親になったメスが、出産後に自分の子を育てるために出すもので、子どもが自力で餌が食べられるようになったら、普通は出なくなる。家畜の中で比較的長く乳が出るヤギですら、出産後半年が限度といわれる。ところが牛は、家畜として飼い慣らされ、長年の品種改良の末に、乳をたっぷり出せるようになったのである。そのため「ミルク」といえば「牛乳」をさすようになったのだ。飲用などとして利用される乳は、もちろん牛ばかりではない。家畜として利用される動物の多くの乳も利用される。まず、紀元前八〇〇〇年頃の西アジアで家畜化された羊やヤギ、紀元前四〇〇〇年頃の馬や水牛、紀元前二五〇〇年頃のラクダなども乳を飲用としても利用している。モンゴルには馬乳酒もある。ちなみに、家畜として最も古いのは犬で約一万年以上前である。猫は約一万年前の遺跡から骨が出土している。なお、家畜は哺乳類や鳥類ばかりではなく、日本では法律でミツバチも家畜とされている。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820882

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  グリーンランド  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト