MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生物の不思議 > 動物

麻薬犬
【まやくけん】

麻薬犬が麻薬中毒になることはないのか?

嗅覚の優れたイヌが、その特性をいかして活躍している一つに、麻薬を嗅ぎ分けるというものがある。いわゆる麻薬犬だ。この麻薬犬、もともとイヌたちのなかでも、とくに嗅覚の優れたものが候補となり、その後、訓練を重ねてきたイヌのなかのエリートである麻薬犬のなかでも優秀なイヌは、麻薬自体だけでなく、前に麻薬を入れていたバッグなどにまで反応するという。それにしても、なぜ麻薬にだけ敏感に反応するのだろうか。一説には、麻薬犬とは、麻薬の味を知っているイヌで、要は人間の患者と同じく、麻薬が欲しくてたまらないために、麻薬のわずかな匂いにも反応するといわれているが、この説はまったくのデタラメである麻薬犬は、訓練を通して、麻薬の匂いを嗅ぎ分けると訓練士に遊んでもらえたえり、ご褒美をもらえたりするので、そうしてほしくて、敏感に麻薬に反応するのだ。まさにパブロフのイヌ状態なわけだ。といっても、ご褒美は麻薬でないことは前述の通りだ。では、素朴な疑問だが、麻薬を体内に注射するわけではないにしても、頻繁に麻薬の匂いを嗅いでいては、鼻から吸引するのと同じことで、そんなことを繰り返していたら、中毒になってしまうのではないだろうか。これも心配は無用である麻薬犬が嗅ぐ麻薬は、すべてビニール袋に入った状態だからいくらくんくんと何度も匂いを嗅いでも、それで鼻から麻薬が体内に吸引されることはない。したがって、麻薬犬が中毒になる確率は、ほぼ皆無といっていい。ちなみに、万が一にも中毒になった麻薬犬がいたとしたら、当然ながら嗅覚がにぶり、麻薬犬としては失格である




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820844

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  冷奴  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト