MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2趣味 > 音楽

マラカス
【まらかす】

振るとシャカシャカと鳴るマラカスの中身は何?

カラオケで、自分が気持ちよく歌った後は他人の歌には知らんぷり、隣の席の人としゃべってばかり……というのでは失礼だ。そんなとき、ちゃんと聞いてますよ、ノッてますよと示すのに便利なのがマラカスだ。上司とのつき合いで演歌を聞かされるというのでは使いようがないが、仲間同士でダンスミュージックなどというときはピッタリで、シャカシャカとリズムをとるのは楽しいものだ。人間の考え出した最初の楽器は打楽器だといわれている。どこの国でも自分たちのリズムを取るために打楽器を考案している。マラカスも、中南米やアフリカで生まれリズムを取る民俗楽器であるマラカスというのは、マラカの複数形で、マラカはヤシ科の植物のこと。そのマラカの木の実を乾燥させ、空洞になった中に小石や植物の硬い種子、小さな木の実などを入れて、振ると音が出るようにしたのがマラカスである。あの卵形は、マラカの実の外皮でつくっていた時代の名残で、いまはそれをかたどった木やプラスチック製になっている。なかに入れていた小石や種子は、いまはプラスチックや金属片が主流だ。木の実の外皮に硬い種子という組み合わせマラカス本来の温かみある音から縁遠いものになっていそうだが、実際は人工素材のほうがいいのだそうだ。というのは、種子や木の実は長く使っていると、振ったときの振動で割れたり砕けたりして粒が小さくなる。するとシャカシャカと振ったときの音が変質したり、正確にリズムが刻めなくなったりする。プラスチックや金属片なら割れたり砕けたりもしないし、中身を替えて異なる音質にすることもできて一石二鳥なのである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820846

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト