MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2趣味 > スポーツ

阪神タイガース
【はんしんたいがーす】

歴代監督に一人も寅年生まれがいない!

熱狂的ファンがいることで知られ、二〇〇六(平成一八)年度ペナントレースでの観客動員数(実数)は一二球団中の最多で、一三〇〇万人を超えたといわれている。成績がよくても悪くても温かく見守ってもらえるのが阪神タイガースなのだ。本拠地はおなじみ阪神甲子園球場で、阪急阪神東宝グループの系列である。球団の創立は一九三五(昭和一〇)年で、株式会社大阪野球クラブとして発足した。翌年二月一一日にチーム結成式をおこない、初練習をスタートさせた。チーム初のホームランは、ホームゲームの甲子園でのセネタース戦で藤井勇が放った。その年と翌年は二位に終わったもののチーム発足三年目の一九三八(昭和一三)年、優勝決定戦で東京巨人軍(現・読売ジャイアンツ)を破って首位になった。戦中、戦後は常に巨人と優勝争いを繰り広げ、大阪のみならず全国のファンを熱中させたが、戦後二リーグ制になった際に、他球団からの引き抜きにより戦力は低下し、長い低迷時代に入ることになる。一九八五(昭和六〇)年、長いスランプから抜け出し、ようやく日本一に輝く。日本シリーズは西武を相手に四勝二敗という結果だった。リーグ優勝自体もまさに二一年ぶり。大阪では喜びのあまり道頓堀に飛び込むファンが続出し、名物くいだおれ人形やケンタッキーフライドチキンカーネルサンダース人形などが持ち去られるなど新聞の社会面をにぎわした。それ以来リーグ優勝は果たすものの、あと一歩のところで日本一に手が届かず、阪神ファンにとってはなんとも口惜しい成績が続いているが、ちょっと意外なのは、創立以来、二一人の監督のなかに一人も寅年生まれがいないことだ。現在の監督、岡田彰布は一九五七(昭和三二)年生まれの酉年。今後もし初の寅年監督が誕生するとすれば、ともに一九六二(昭和三七)年生まれの和田豊コーチや、広沢克己コーチ可能性あり、といったところだろうか。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820727

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  八丁堀の旦那  金の鯱  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト