MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2地理 > 国・島・都市

バンコク
【ばんこく】

正式名称は覚えきれないほど長いタイ王国の首都

クルンテープマハナコーンアモーンラッタナコーシン・マヒンタラアユッタヤー・マハーディロッカポップ・ノッパラッタナラーチャタニーブリーロム・ウドンラーチャニウチェットマハーサターン・アモーンラピーンアワターンサティット・サッカタットティヤウィサヌカムプラシット。ある国の首都の名前であるが、どこの国かわかるだろうか。答えはタイ王国。私たちが普段「バンコク」と呼んでいる都市の正式名称である。タイの人たちは、普段はこの長い名前のはじめの部分「クルンテープ(「天使の都」の意)」を首都名としている。全文の意味は「イン神がウィッサヌカム神に命じておつくりになった、神が権化として住まいになる、多くの大きな宮殿を持ち、九つの財宝のように楽しい王の都、最高にして偉大な地、イン神の戦争のない平和な、イン神の不滅の宝石のような偉大な天使の都」となる。これは、一七八二年にチャオプラヤー・チャクリ(ラーマ一世)がこの地を王都としてラタナコーシン朝(バンコク朝)を開いたときに、開国によせる思いを詠んだ詩がそのまま都市名になったのだという。ラーマ一世の新国家への意気込みは強く、アユタヤの廃墟からレンガなどを運ばせて、宮殿をはじめ街全体を、栄華を誇った旧都アユタヤの伝統を継承してつくらせたという。ちなみにバンコクという名前は、現地では「バーン(グ)コーク」と発音し、「バーン(グ)」とは「水辺の村」という意味。「コーク」は「マコーク」という植物の名前で、つまり「マコーク生い茂る水辺の村」ということになる。アユタヤ朝時代にチャオプラヤー川の防衛拠点という役割を果たしていたこの地のことを、当時アユタヤと貿易をするために来ていた西洋人がバンコクと呼んだのがきっかけで、いまでも外国人にとっては「バンコク」のほうが身近となっている。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820726

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト