MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2趣味 > 音楽

ハワイアン
【はわいあん】

「アロハオエ」の意味は?

ハワイの民族音楽「ハワイアン」には、南国ムードあふれるメロディが多い。もともと現地の音楽といえば、ひょうたんなどでつくった打楽器を打つだけの無伴奏の曲だったが、欧米の音楽の要素が加わって現在のような音楽となったらしいところで、本来ハワイアンハワイ原住の人々という意味だが、日本ではこうして生まれハワイの民族音楽をハワイアンと呼んでいるので、便宜上それに従う。メキシコ人やポルトガル人がギターをもたらし、それがハワイアンに特徴的なスチール・ギターウクレレになり、旋律はアメリカ人がもたらした賛美歌の影響を受けたらしい。「アロハオエ」はその代表的な曲だ。アロハが「愛」「さようなら」などを意味し、オエが「あなたの上に」を意味するので、「アロハオエ」は「さようなら、あなた」の意味になる。一八七八年に、ハワイ王国最後の女王リリウォカラニ(一八三二?一九一七)が作詞、作曲した。彼女はたいへん音楽の才能があった女性で、この曲以外にもたくさんの曲をつくったといわれる。リリウォカラニは国王カラカウア一世の妹で、アメリカ人と結婚したが、一八九一年に夫と死別。同年、国王である兄も亡くなったため、ハワイ王国の女王となった。学問を好み政治手腕を持っていたという彼女は、ハワイアンの権利を取り戻すために、一八九三年、外国人の農場を没収し、新憲法を発布しようとしたが、アメリカ併合論者たちは軍隊に動員を要請したため、強制的に退位させられてしまった。翌一八九四年にはドールを代表とする共和国が誕生することになる。その翌年、一八九五年にリリウォカラニは王位奪還をめざすが失敗。これによりハワイ王国は滅亡し、一八九八年、アメリカ合衆国ハワイを併合した。現在のハワイのおもな産業は観光である合衆国本土、日本、西ヨーロッパなどから一年間に州人口の四倍以上にものぼる四三六万八〇〇〇人もの観光客が訪れる。彼らにとって、美しい景観や温暖な気候、食事、レクリエーションのほかにハワイアンをはじめとする独特の異国文化も大きな魅力となっている。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820724

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト