MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2地理 > 国・島・都市

パラオ島
【ぱらおとう】

ナマコの食べ方に見る、島民たちの優しさとは?

地球や自然に優しい生き方が、近頃ますます注目されている。日本では、エコライフロハスなどが雑誌などで紹介されているが、そんな言葉に踊らされることなく、南海の自然の恩恵を受けて暮らしている人々もいる。そんな人々に、パラオの島民たちがいる。このパラオの人々はナマコ好んで食べるが、その食べ方が「究極のエコロジー」で、いくら食べてもナマコの数を減らさずにすむ、という素晴らしい食べ方を知っているという。日本ならば、刺身にするか三杯酢などでナマコ食べるが、パラオの人たちはナマコを浅瀬で見つけると、そのまま手づかみにしてちょうど胴体の辺りに指でぐりぐりっと穴を開けて腸を取り出し、それを生のまますすりこんで食べてしまうという。この食べ方のどこがエコなのかというと、答えはそのナマコの生態にある。腸だけをとってしまったナマコを、パラオの人は必ずそのまま海に投げ入れる。すると、なんとナマコは数カ月をかけて腸を再生し、そのまま生きていくのである。そのことを知っているので、パラオの人は腸だけを食べると、またポイッと海に戻しておくのである。というわけで、パラオの人がいくらナマコを食べてもナマコ本体の数はまったく減らないということなのだ。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820720

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト