MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2自然 > 自然

年輪
【ねんりん】

切り株の年輪を見ても、方角はわからない

樹木は日のよく当たる側の成長のほうが早いため、年輪の幅に差が生まれる。だから、年輪の幅の広いほうが南の方角だ。そんな話を聞いたことがないだろうか。この話、鵜呑みすると、いざ山道で迷ったときなどにたいへんなことになりかねない。この話は結構まことしやかに伝わっているが、根拠はないらしいのだ。年輪が一年に一本ずつできるのはその通りだが、年輪の幅は日の当たり具合ではなく、山の傾斜によって生まれることが多い。斜面に生えている木は、どうしても谷側に傾斜しがちであるそこで、谷側へ倒れるのを防ぐために、谷側のほうの成長が早くなるということのようだ。その証拠に、平らな場所に立っている樹木の場合、年輪の幅はほぼ均一になる。また、針葉樹広葉樹でも年輪のでき方に違いがある。針葉樹の場合は、自分の幹の中心を斜面の上のほうにもってきて、倒れないようにするため下側に向かって年輪が広くなる。広葉樹の場合は、自分の幹の中心を斜面の下のほうにもっていき、上側に向かって年輪が広くなる形でバランスを取る。なので、まったく東西南北とは無関係だ。山道で切り株を見ても、磁石代わりには使わないほうがよいようだ




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820679

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト