MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2地理 > 場所

ノートルダム平和大聖堂
【のーとるだむへいわだいせいどう】

大統領のポケットマネーでつくられた!

アフリカ中西部の国コートジボワールにあるノートルダム平和大聖堂は、一三〇ヘクタール東京ディズニーランドの約一・五倍)の敷地を持ち、中央部の建物は高さ五八メートル、長さ一〇〇メートルにも達する世界最大級のカトリック大聖堂である。礼拝堂には、延べ七三六〇平方メートルにもおよぶ壮麗なステンドグラスがはめ込まれているという豪華さだ。もっと驚くのが、この大聖堂を建てたのが国でもなく教会団体でもないことだ。大聖堂の建築費用は、なんと当事の大統領ウフェ・ボワニ氏の私財でまかなわれたのだ。しかもボワニ氏は、完成した大聖堂をローマ法王庁へ寄進することにした。驚いたのは法王庁で、あまりにも巨大な建造物を簡単に受け取ることもできない。結局は国が大聖堂の運営と管理をするということになった。一九九〇年のことである。ちなみに、ボワニ氏は大の親日家で、国のあるべき姿の手本として日本を挙げていたほどだ。それにしても、たった一人の大統領ポケットマネーで世界最大級の大聖堂を建設できるなんてコートジボワールはそれほどに豊かな国なのだろうか。現在のコートジボワールは、債務過多の国で、財政的にはかなり厳しい状態が続いている。しかし、かつては「コートジボワールの奇跡」といわれるほど豊かな国だった。世界一の生産量を誇るカカオ豆に加え、コーヒーや天然ゴムなども世界有数の生産量だったのであるところが、こうした特産物の国際価格が急落したために、以前のような収益を上げることができなくなり、いまでは債務国になってしまったである。ちなみにコートジボワールのキリスト教徒は、国民の約一〇パーセントといわれている。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820680

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト