MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生活 > 野菜・フルーツ

トウモロコシ②
【とうもろこし】

トウモロコシの粒の列は、必ず偶数!

トウモロコシを輪切りにして、そこにある粒の数を数えてみてほしい。何度数えても偶数になっているはずだ。ところが、トウモロコシの茎のなかにあって、成長の核となる雌花の「小穂」と呼ばれる部位を調べてみると、その数はバラバラだ。この小穂が成長して粒を次々とつけていき、やがては食べられる大きさのトウモロコシになるはずなのに、なぜ成長すると偶数になるのか。実は、この小穂の成長の仕方に理由がある。小穂の粒は、成長すると二つに分裂していくのである。そのため、病気などの例外を除くと、どんな場合もトウモロコシの粒は偶数になるわけだ。理由を知ってしまうと当たり前のことだが、その理由を知らない人に、必ず偶数であるという現象を指摘すれば、誰もが不思議に思うはずだ。ゆでたてのトウモロコシにかぶりつく前に、きれいに並んだ粒々を観察してみてはいかがだろうか。ちなみに前項と合わせ考えると気づくかもしれないが、小穂の粒々からめしべが伸びて絹糸になるわけだから、絹糸の数と粒々の数は同じになる。つまり、あの毛の数を数えれば、粒々の実が何個あるかがわかるというわけだ(実際は抜け毛があるので、完全ではないが)。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820607

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト